サラリーマンが苦しい理由

サラリーマンが苦しい理由1

はるか遠い国の、とある村の話です。

 

その村に、二人の迷い人が辿り着きました。

 

二人とも身なりはボロボロで、体はやせこけ、ひどく困窮
した様子でした。

 

その村の王様は、村の入り口にフラフラとさまようその二人の迷い人に、
仕事を与えることにしました。

 

見るに見かねたのです。

 

「私に毎日水を持ってくる仕事をしなさい。そうすれば、この村で生活する
権利と、給料を与えよう」

 

二人の村人は快諾しました。

 

次の日から仕事が始まり、迷い人Aはせっせとバケツで王様のもとに水を
運び始めました。
その働きぶりは明朗快活で、村人の人気者になりました。
水を運ぶ仕事に嫌気が差していた村の若者も、迷い人Aに影響を受け、
仕事への情熱を取り戻した様子でした。

 

村は、にわかに活気づきました。

 

ところが、迷い人Bは一向に水を持ってくる気配がありませんでした。
毎日、何やら奇妙な図面や、工作のような物に夢中になっていました。

 

ひどく困窮した様子を村人も知っていたため、大目に見ていましたが、
それが何日も何日も続くと、次第に不満が溜まっていきます。

 

「王様! Bにはもう給料をあげないでください!」

 

「Aがかわいそうです! Aは頑張っているのに、Bは遊んでばかりです!」

 

「Bをこの村から追い出してください!」

 

王様も困ってしまいます。

 

Bの様子を見ていると、何か鬼気迫るものを感じ、とても遊んでいるようには思えません。
それでも、村人の話を聞いていると、王様も徐々にBに不満が溜まっていくのです。

 

一カ月後、王様は決意しました。

 

Bにこの村から出ていってもらおう。

 

冷酷かもしれないと感じましたが、このまま村にいられたら、今までこの村で
生活してきた村人のストレスが爆発し、王様自身の立場が危うくなってしまう
と考えたのです。

 

王様が城を出ようと扉を開けたその時、扉のすぐ外に、人影が立っているのが
見えました。

 

疲れ果てた顔をした、Bでした。

 

その顔を見た王様は察しました、ついに村で生活しにくくなったのだろうと
思ったのです。

 

ところが、王様の顔を見たBは、意外なことを口走りました。

 

「王様、やっと水道が完成しました。この技術を、村中に広めてください」

サラリーマンが苦しい理由2

王様は言葉を失いました。

 

Bが立っている横の、筒のようなものからキラキラと輝く
水が、止まることなく延々と流れ出ていたからです。

 

「こ、これは・・・?」

 

王様は思わず水に手を触れました。
偽物ではありません、間違いなく本物の水です。

 

「私の祖国の、水道という技術です。出したいときに水を出し、止めたければ
止めれます。この筒をつなげるだけで、場所も問いません」

 

王様の目の前で、Bは水を出したり止めたりして見せました。

 

王様は口を開けて、その様子をただ眺めるしかできませんでした。

 

「王様、今までただ働きですいません、これからはこの水道が、王様の
ために存分に働きます」

 

Bはそう言うと、スタスタと歩き始めました。

 

「ど、どこへ?」

 

「せっかくこんなに素晴らしい世界に生まれ、こんなに素晴らしい村に
辿り着きました。確かに水を王様のもとへ運ぶという仕事は、やりがいも
あるし、素晴らしいものだと思います。ですが、僕はまだ、もっと素晴らしい
何かを探す時間すら、与えられていません。一通り探してみて、もしその
仕事より素晴らしい何かがなければ、僕はまた、王様のもとへ水を運ぶ
仕事に戻ります」

 

Bは、村のバーに立ち寄ると、太陽が高く上る海辺に行き、バーで買った
ビールとフライドポテトを口にほうばりました。

 

Aは、横目でBを見ながら、せっせと水を王様のもとへ運び続けていました。

 

Bが広めた水道の技術は、様々な工夫がされ、村人を豊かにしました。

 

料理も、風呂も、トイレも便利になりました。

 

Aは、水を運ぶ必要がなくなってしまい、違う仕事をせざるをえませんでした。

 

Aが転職をした時には、もはやAのことを気にする人はいませんでした。

 

相変わらずBの水道は、王様のもとへ水を運び続け、水を運ぶ限り
給料を払うという約束は破られることもなく、Bのもとに決まった給料が
入り続けました。

 

Bは体を動かしてお金を稼ぐ必要がなくなり、のんびりと人生に大切な物を
考え続けました。

サラリーマンが苦しい理由3

明晰なあなたならもう気付いていると思いますが、サラリーマンは
Aです。

 

サラリーマンが苦しいのは、何も蓄積されないからです。

 

僕も、わかってはいるんです。
このご時世、毎月決まった給料をくれて、休みもあって、それが
どれだけありがたいか、わかってはいるんです。

 

でも、逆を言えば、出勤しないと給料がないんです。

 

体を壊したり、少しでも休みたいなんて思ったら、家族を路頭に
迷わせてしまいます。

 

何も積み重ならす、毎日、毎月、その日暮らしのようなものです。
苦しいに決まってます。

 

だからこそ、優しいあなたは、サラリーマン生活に色々と悩んでしまいます。

 

上司の機嫌、同僚の様子、将来の不安。

 

でも、気付いてしまったら悩むべきです、悩み通すべきです。

 

正直言うと、村人に批判されているBの様子は、今の僕でもあります。

 

ブログメルマガアフィリエイトに挑戦中の僕は、各方面からの非難の的です。
それもそのはずです、認知されてきたとはいえ、ネットビジネスなんてまだまだ
あやしい業種です。

 

人は、自分が理解できないことは批判したがります。

 

それでも、僕には夢があります。

 

どんなに批判されても、夢が叶ったら、僕も周囲も豊かになります。

 

水道を広めてくれたBのおかげで、村はどれほど豊かになったでしょう。

 

もし、あなたが迷っているのなら、挑戦してみることくらいはおすすめします。

 

何かにチャレンジしようと思ったら、たいていは多少なりとも常識から
外れていますし、少なからず批判する人は出てくるものです。

 

ちなみに、資本主義の現代では、大手企業にいれば安心のような風潮が
ありますが、東証一部上場企業の現状でも書いている通り、
大手でも安定なんてしていません。

 

時代は、間違いなく発信する個人に有利になっています。

 

 

PS、、、

 

 

厳しい時代でもあり、良い時代でもあります。
物が売れず、不景気です。
でも、ただの個人がパソコン一台で、世の中に挑める時代でもあります。

 

いつの時代も、とらえ方は大切ですね。

 

話は変わりますが、滝を見に行ってきました。
圧巻です。

 

 

洞窟を歩き、振り返った景色です。

 

 

極寒だったので、団子で温まりました。

 

 

いい雰囲気でした。

 

プロフィール

 

名前:ちむくん(イラスト右の男です。イラストは奥さんに書いてもらいました)

 

アパレルの専門学校を卒業後、就職。

 

引っ越し業業者や完全歩合の営業など、

様々な職種を経験する。

 

とある理由から、アル中状態や引きこもり、

うつ状態などを経験し、耐えきれなくなり、

パソコンが大の苦手にも関わらず、

ネットビジネスに挑戦。

 

もちろん、学歴もコネもお金もありません。

 

ちなみに上のプロフィール画像を貼りつける

のに8時間かかり、イライラしているところに

ちょっかいを出してきた3歳の娘とケンカを

するくらいパソコンが苦手。

 

お問い合わせ

 

↑ポストをクリック↑ なんでもお気軽にお問い合わせください

初心者はまずはこちらから

 

↑希望の光をクリック↑

初心者コンテンツを読んで、希望を感じてください

 

 

↑羽ばたく鳥をクリック↑

自由への正しい道のりをご確認ください

不自由に挑む無料メルマガ

10日間で自分で稼ぐ能力が身に付くメールセミナーを受講できます。

 

有料級のメールセミナーが

今だけ無料

 

期間限定メルマガ登録者様に電子書籍プレゼント!!

 

あなたは商品を本当に買っていますか?

 

実は、売る側の都合の良いように買わされていませんか?

 

もし、自分に都合の良いように売る力をあなたも身に付けたのなら…、

 

現役トップセールスの頭の中を書籍にて公開中!!

 

 

上の画像をクリックするか、下記によく使うメールアドレスをご入力ください。

 

※どちらから登録していただいても、特典はきちんと受け取れますのでご安心ください。

 

 

不自由に挑む無料メールセミナー

 

 

 

 

 

 

↓↓不自由に挑む会へのアンケートの参加はこちら↓↓


TOP プロフィール 問い合わせ おすすめ教材(初心者用) 不自由に挑む無料メルマガ