想像力がありすぎて孤独感を感じている人へ

想像力がありすぎて孤独感を感じている人へ

想像力があるというのは、一般的な見方をすれば、いわゆる『良いこと』の
部類に入ると思います。

 

 

ただ、想像力がありすぎるというのは、本人にとっては多少なりとも苦痛を
伴う場合が多々あります。

 

 

人生のリスクを察知し、それを背負って生きていかなければならないから
ですね。

 

 

そして、大抵は想像力がありすぎる人が考えていることを、他の人は理解
できません。

 

 

「考えすぎだって」

 

「もっと気楽に生きればいいのに」

 

「きっとなんとかなるって」

 

「そんなに真剣に考えて、人生楽しい?」

 

 

このような言葉で、想像力がありすぎる人の意見は、一蹴されてしまうことが
ほとんどです。

 

 

想像力がありすぎる人は、多くの場合、他者からの共感を得られません。

 

 

それでも、想像力がありすぎるがゆえに、他人よりも余計なリスクまで背負って
生きていかなければならないのですね。

 

 

更に、孤独です。

 

 

「どうしてわかってくれないんだ!!」

 

 

上記のような、モヤモヤした気持ちを抱えることも多くあるでしょう。

 

 

基本的に、想像力がありすぎるということは、ある一定の条件を除けば損です。

 

 

様々なリスクを考え、一人もんもんと生きるのは、脳にも良くないですし、
思考が進みすぎると体にも影響が出てきます。

 

 

ただし、ある一定の条件を満たせば、その能力は、人生に大いに役立つ
でしょう。

 

 

その条件とは、

 

 

【行動に移した場合】

 

 

ということになります。

 

 

この記事を読んでくれている方なら、この先のこの国の経済がどうなって
いくかは、容易に想像できると思います。

 

 

サラリーマンという生き方に伴うリスクも、一度は考えたことがあるのでは
ないでしょうか。

 

 

これは、時代のせいなのですね。

 

 

昔の日本とは違います。

 

 

今の日本は、昔の成功体験にすがって、その時の爆発的な成長の
貯蓄を、切り崩しているにすぎないのですね。

 

 

当然、時代が変わって豊かになる人たちも増えました。

 

 

ただ、それは一部の人です。

 

 

この国の、表面上の経済は、成長しているようにも見えますが、実は
若年層の貧困率は大幅に上昇しているのですね。

 

 

マスコミは、そんなことは報じません。

 

 

自分達も所詮株式会社ですから、自分達にとっても都合が悪いことは
報道しないのですね。

 

 

それよりも、おいしそうなランチやオシャレな服の映像を垂れ流して、
思考停止させてTVをボーっと眺めてくれればいいと考えています。

 

 

当然、皆バカじゃないですから、様々な刺激と出会えるネットに人が
流れていっています。

 

 

そこには、たくましく生きる人々の姿がありますよ。

僕を孤独から救ったインターネット

僕自身に想像力がありすぎるかどうかはわかりませんが、昔から
割と孤独感は感じていました。

 

 

仮面をかぶって生きていたといえば、なんとなく伝わりますか?

 

 

幼稚園生のころから、幼稚園生らしくふるまわなきゃと自分に
言い聞かせていました。

 

 

友人の前でも、良い友人であろうとふるまっていました。

 

 

本当のことを言える人は、かなり少なかったですし、実際今でも
ほとんどいません。

 

 

僕は、一人で真剣にこれからのこの国の経済について、本を読んだり
思考を巡らせたりしています。

 

 

 

・終身雇用制度の崩壊

 

・年金システムの破たん

 

・少子高齢化問題

 

・時代遅れの教育システム

 

・昇給制の崩壊

 

 

 

音を立てて崩れ去るこの国のシステムを、僕は黙って見ていることが
できなかったのです。

 

 

ただ、僕の周囲にいる多くの人は、そんなことを考える余裕もないようです。

 

 

当然、共感なんて得られません。

 

 

ただ、僕の人生は、それではいけません。

 

 

僕には二人の子供がいます。

 

 

ごめん、ダメだった、では済まないのですね。

 

 

ある日、口が滑って

 

 

「今の状態の日本では、子供が幸せに暮らせないかもしれない。僕は、
豊かに暮らせる方法を、子供に伝えたい」

 

 

と、知り合いに言ったところ、

 

 

「考えすぎ」

 

 

と鼻で吹き飛ばされました。苦笑

 

 

今までの僕であれば、ここでまた余計な孤独感を感じ、少々落ち込んだりもした
かもしれませんが、最近はそんなこともなくなりました。

 

 

それは、ネット上でたくましく行動する、同じような考えを持った人たちと出会えた
からなのですね。

 

 

ひとたびネットを開けば、今の状態に危機感を感じ、行動を起こし始めて
いる若者が大勢います。

 

 

普通の主婦や、ニートや、大学生や、サラリーマンです。

 

 

想像力がありすぎて、苦しくなったら思い切って行動してみると良いと思います。

 

 

気持ちがすっきりしますし、ネット起業をするのなら、実際に不労所得の仕組みを
構築して、ネット上に資産を作ることも可能です。

 

 

豊かな想像力は、豊かな創造力を生みます。

 

 

リスクを考える能力があるのなら、リスクを回避する方法を創造すればいいのですね。

 

 

それは、想像力に溢れているあなたにしかできません。

孤独感を感じたら、広い世界で生きよう

孤独感を感じたら、諦めずに自分が生きられる場所を探す
ことです。

 

 

確かに少し前であれば、それは途方もなく難しいことでした。

 

 

生まれた場所、通った学校、バイト先や就職先、そういった
コミュニティの中でしか、生きる場所を見付けられませんでした。

 

 

ですが、今はインターネットがあります。

 

 

あなたが周りに合わせて生きる必要もなくなったのですね。

 

 

あなたが、あなたらしく生きる場所を、簡単に探せる時代になりました。

 

 

当然、このような時代ですから、自由に生きる人が増えても何も
不思議はありませんね。

 

 

自由への門は開かれています。

 

 

あとは、踏み出すだけなのかもしれないですね。

 

 

 

PS、、、

 

 

 

実は、何を隠そう僕自身が、インターネットというものを疑ってかかって
いたのですね。

 

 

当然、そこで行われるビジネスや、人間関係というものに、怪しさを
感じていました。

 

 

ただ、実は、僕を孤独のどん底から救ったのは、僕が疑ってやまなかった
インターネットなのですね。

 

 

僕は、そこに書かれている文章に、心が救われたのです。

 

 

リアルでどれだけ沢山の人に会っても消えなかった孤独感が、ネット
検索で一瞬で消え去ったのです。

 

 

その時に気付いたのは、詐欺的なビジネスをするのも、詐欺的な
人間関係を築くのも、真っ当なビジネスをするのも、真っ当な人間関係を
築くのも、結局は自分次第ということでした。

 

 

僕は、やっぱり、真っ当な人間関係を築き、真っ当なビジネスを
行っていきたいですね。

プロフィール

 

名前:ちむくん(イラスト右の男です。イラストは奥さんに書いてもらいました)

 

アパレルの専門学校を卒業後、就職。

 

引っ越し業業者や完全歩合の営業など、

様々な職種を経験する。

 

とある理由から、アル中状態や引きこもり、

うつ状態などを経験し、耐えきれなくなり、

パソコンが大の苦手にも関わらず、

ネットビジネスに挑戦。

 

もちろん、学歴もコネもお金もありません。

 

ちなみに上のプロフィール画像を貼りつける

のに8時間かかり、イライラしているところに

ちょっかいを出してきた3歳の娘とケンカを

するくらいパソコンが苦手。

 

お問い合わせ

 

↑ポストをクリック↑ なんでもお気軽にお問い合わせください

初心者はまずはこちらから

 

↑希望の光をクリック↑

初心者コンテンツを読んで、希望を感じてください

 

 

↑羽ばたく鳥をクリック↑

自由への正しい道のりをご確認ください

不自由に挑む無料メルマガ

10日間で自分で稼ぐ能力が身に付くメールセミナーを受講できます。

 

有料級のメールセミナーが

今だけ無料

 

期間限定メルマガ登録者様に電子書籍プレゼント!!

 

あなたは商品を本当に買っていますか?

 

実は、売る側の都合の良いように買わされていませんか?

 

もし、自分に都合の良いように売る力をあなたも身に付けたのなら…、

 

現役トップセールスの頭の中を書籍にて公開中!!

 

 

上の画像をクリックするか、下記によく使うメールアドレスをご入力ください。

 

※どちらから登録していただいても、特典はきちんと受け取れますのでご安心ください。

 

 

 

不自由に挑む無料メールセミナー

 

 

 

 

 

 

↓↓不自由に挑む会へのアンケートの参加はこちら↓↓


TOP プロフィール 問い合わせ おすすめ教材(初心者用) 不自由に挑む無料メルマガ