コピーライティング

ブログ記事に書くべき内容

アフィリエイトブログを運営する際に、必須なのがブログ記事
になります。

 

ブログは記事を更新し続けていく媒体です。

 

ブログを更新すればするほど、基本的にはSEOにも強くなり、
読者さんから見た価値も上がるのではないでしょうか。

 

ただ、そもそもどんな内容の記事を書けばいいのか迷って
しまう人もいると思います。

 

なので、今日はどんな記事の内容を書けば読者さんの反応
が上がるのかをお伝えしていきます。

 

まず、ビジネスとしてアフィリエイトブログを始めていくにあたって、
大切なのがターゲット選定になります。

 

つまり、どんな悩みを抱えていて、どんな風に解決方法を探して
いて、どんなサービスやモノを提供すればお金を払ってくれる
かを考える、ということですね。

 

例えば、禁煙できなくて悩んでいる人にスマホをポチポチする
だけで稼げる情報を提供しても、恐らく売れないでしょう。

 

あとは、ダイエットができなくて悩んでいる人に、特上の牛肉
を提供してもきっと購入には至らないと思います。

 

ですので、これからサイト運営をしていくのであれば、誰に向けて
記事を書くのか、という事は、意識した方がいいですね。

 

ちなみに、ターゲットはどんな層でも良いですし、どんな悩みを
持っている人にメッセージを送るのかも自由なのですが、
いずれにしても、記事を書く際に意識したい鉄板のキーワード
があります。

 

それは、

 

『共感』

 

できる記事、です。

 

人は価値観を押し付けられることを嫌います。

 

上から目線で偉そうにされることを嫌います。

 

上から目線で価値観を押し付け、自分の言うことを聞かせようと
するアフィリエイターもいますね。

 

この業界は特殊です。

 

実績がそこそこあれば、そんなやり方でも今の所は通用するようです。

 

ただ、僕たちはあくまで価値を提供し、感謝されながらビジネスを
していくことが目的です。

 

相手の気持ちを思いやれないビジネスは、長続きすることはありません。

 

僕たちは、長続きするビジネスを目指していきます。

 

では、インターネットでビジネスをしていく上で必要なスキルは、
胸に刺さるメッセージを送るスキル、ということになります。

 

上から目線で押し付けられるより、当たり障りがなさすぎてメッセージ
が読み取りにくかったり、それよりも、『共感』できるメッセージ
が一番胸に刺さるのです。

 

相手がどんなことに悩んでいて、どんな風に将来に不安を抱えていて、
どんな風に解決方法を探しているのだろう、と、そんな風に考えられる
人だけが、結果として人を動かすことができるのです。

 

 

人を動かすことのできる人は、他人の気持ちになれる人である。そのかわり、他人の気持ちになれる人というのは自分が悩む。自分が悩んだことのない人は、まず人を動かすことはできない。

 

本田 宗一郎

 

 

共感力がもたらす効果

情報が溢れ、モノが溢れ、様々な考え方が溢れている
時代です。

 

どこもかしこも似たり寄ったりな物が集まっている時代では、
もはや何を買うかより、誰から買うかという時代になっています。

 

それがあやしい商品であればあるほど、うさんくさい商品で
あればあるほど、人は何を買うか、より、誰から買うかという
ことを重要視するのです。

 

人が誰から買うかを選ぶ際に一番重要視している価値観が、
共感できる人かどうかなのです。

 

共感は、信用を生みます。

 

信用は、行動を生みます。

 

つまり、サービスやモノを買う、ということです。

 

上から目線でモノやサービスを押し付けても、いくつかは売れる
かもしれません。

 

当たり障りのないメッセージを垂れ流していても、ラッキーで
いくつかは商品も売れるかもしれません。

 

ですが、それはあくまでたまたま売れた売れただけで、購入者が
ファンになってくれて、定期的にリピートしてくれるかというと、
きっと難しいのではないでしょうか。

 

では、どうすればファンになってくれるのかというと、それが共感
できるメッセージを発信する、ということになります。

 

そのメッセージが深ければ深いほど、刺されば刺さるほど、
読者はその発信者のことを信用するようになります。

 

まるで自分のことでも言われているような気になるのですね。

 

消費者は、似たような商品を購入するのなら、自分のことを
わかってくれている人がすすめる方を買います。

 

無意識の内に、これだけ自分のことをわかってくれている人が
すすめるのだから間違いない、と思うのでしょうね。

 

当然、感謝されながらビジネスをしていく訳ですから、詐欺まがいの
商品はすすめない方がいいです。

 

中には欲に目が眩んで、なんでもかんでもメルマガやブログに
広告やリンクをやたらと貼り付ける人もいますが、そういうやり方は
結果的に信頼を失いますので、やらない方が無難です。

共感力は人を動かす

共感力は、強力に人を動かします。

 

これは、リアルセールスの世界でもより顕著です。

 

完璧主義や、自分は絶対に正しいと思い込み、新しい価値観を
受け入れられない人は、リアルセールスの現場でも苦労して
います。

 

人を動かす際に、一番最初に重要視される能力は、
相手の価値観を認められる能力です。

 

世の中には様々な価値観が存在しています。

 

実は、よくよく考えてみると、完璧な価値観なんて存在しない
のですね。

 

共産主義、社会主義、資本主義、民主主義、他にも色々
と主義主張は存在しますが、どれ一つとして完璧な考え方は
存在しません。

 

この世には、正も誤も、あってないようなものなのです。

 

たまに、まるで自分は正しさの塊のような主張をする人がいますが、
はっきり言って視野と器が狭いだけです。

 

この世には確実な正解なんて存在しません。ただ、逆に、この国は
自由な思想が許されています。

 

どんな思想も価値観も、自分にとっては正解であることを許されている
国なのです。

 

そんな国家の中で、自分の考えを即座に真っ向から否定されたら、
誰も良い気はしません。

 

その人は、信頼という一番大きな価値を失うでしょう。

 

もちろん、ターゲットを選定している訳ですから、刺さる人に刺さる
メッセージを送るだけで、他の人にはどう思われようが気にしない方が
良いと思います。

 

ただ、ターゲット層の気持ちを理解したメッセージを送れないと、
信頼されません。

 

インターネットが発達しても、結局は相手の気持ちを思いやり、
配慮のあるメッセージを送れる人が信頼されるのですね。

 

 

 

PS、、、

 

 

 

人を動かすというと、何やら宗教や洗脳じみているような
気もしますね。

 

ただ、セールスには人生を変える力があります。

 

自分が良いと信じたものを、セールスすることにためらいを
持ってはいけません。

 

もし、その時に相手が商品を購入していたら、今とまったく
違う人生を歩んでいた可能性だってあるのですね。

 

例えば、本物の情報商材であれば、買わせてあげれば
自由にしてあげる事だってできてしまうのです。

 

何かを売る仕事をするときは、『使命感』というものを忘れて
はいけません。

 

相手が気持ちよく購入しやすい環境を、お膳立てしてあげる
ということですね。

 

これは売る側のマナーであり、エチケットでもあります。

 

そして、その状況を一瞬で作れてしまう能力が、『共感力』
なのですね。

プロフィール

 

名前:ちむくん(イラスト右の男です。イラストは奥さんに書いてもらいました)

 

アパレルの専門学校を卒業後、就職。

 

引っ越し業業者や完全歩合の営業など、

様々な職種を経験する。

 

とある理由から、アル中状態や引きこもり、

うつ状態などを経験し、耐えきれなくなり、

パソコンが大の苦手にも関わらず、

ネットビジネスに挑戦。

 

もちろん、学歴もコネもお金もありません。

 

ちなみに上のプロフィール画像を貼りつける

のに8時間かかり、イライラしているところに

ちょっかいを出してきた3歳の娘とケンカを

するくらいパソコンが苦手。

 

お問い合わせ

 

↑ポストをクリック↑ なんでもお気軽にお問い合わせください

初心者はまずはこちらから

 

↑希望の光をクリック↑

初心者コンテンツを読んで、希望を感じてください

 

 

↑羽ばたく鳥をクリック↑

自由への正しい道のりをご確認ください

不自由に挑む無料メルマガ

10日間で自分で稼ぐ能力が身に付くメールセミナーを受講できます。

 

有料級のメールセミナーが

今だけ無料

 

期間限定メルマガ登録者様に電子書籍プレゼント!!

 

あなたは商品を本当に買っていますか?

 

実は、売る側の都合の良いように買わされていませんか?

 

もし、自分に都合の良いように売る力をあなたも身に付けたのなら…、

 

現役トップセールスの頭の中を書籍にて公開中!!

 

 

上の画像をクリックするか、下記によく使うメールアドレスをご入力ください。

 

※どちらから登録していただいても、特典はきちんと受け取れますのでご安心ください。

 

 

 

不自由に挑む無料メールセミナー

 

 

 

 

 

 

↓↓不自由に挑む会へのアンケートの参加はこちら↓↓


TOP プロフィール 問い合わせ おすすめ教材(初心者用) 不自由に挑む無料メルマガ