失いかけて気付いたこと

失いかけて気付いたこと

目の前で起きていることはただの事実なのに、どうして自分に
だけこんなことが起きるのだろうと不思議に思うことがよく
ありました。

 

世の中は何も変わらず動いていて、友人や同僚や、街を歩く
人たちがとても充実しているように見えるのです。

 

一方で、僕はと言えば、いつもと同じはずの食事を、まるでその辺の
砂でも食べているかのような気持ちで胃の中に流し込んでいたのです。

 

今でこそ、心や気持ちや言霊が脳に与えるダメージは体験して
わかっているので、自分の感情や気持ちや言霊をコントロールして、
常に冷静な自分でいられるようになりました。

 

それでも、やはり人間なので感情が昂ることもありますし、どうしようも
なく落ち込むことも多くあります。

 

特に、二十代そこそこのころは、自分だけが不幸な理由を探し回って
いるような時期もありました。

 

考えても考えても、一向に幸せにならないのです。

 

それどころか、時間がたてばたつほど、幸せというものが自分から離れて
いくような感覚をいつも味わっていました。

僕が失いかけた色々な物

僕は、大切な色々な物を失いかけてきました。

 

それは不思議と、どうして近付いてこないんだと思えば
思うほど、遠く離れていきました。

 

まずはお金です。

 

家族のためにお金を稼ごうと決意して、一生懸命に飛び込み
訪問でセールスをしていました。

 

セールス自体は得意な方だったのか、そこそこ収入を稼いで
いたのですが、もっと手に入れたい、もっと手に入れたいと思えば
思うほど、そもそも手に入れていた収入すら手元から離れて
行きました。

 

当時は、心と体の関係を考えるほど成熟した思考を持っていません
でしたから、僕の体はボロボロでした。

 

安い業務用のカップラーメンか、実家が送ってくれる米しか食べる
ものがなく、肌はボロボロになりました。

 

ブクブクと太り、久しぶりにまともに鏡を見た時の自分の顔は、
まるで別人のように憔悴しきっていました。

 

必死に手を伸ばしているはずなのに、何故か伸ばせば伸ばすほど
離れていく幸せに、気が狂いそうでした。

 

何度も何度も裏切られ続けた気分でした。

僕が失いかけた色々な物2

次に僕が失いかけたものは、家族です。

 

僕は、収入が4万円で、家賃が7万円の生活を
数年間していました。

 

正直、その辺の生活費をどうしていたのかあまり記憶が
ありません。

 

もちろん、その時に莫大な借金を抱えました。

 

当然、家族と一緒に住めるはずもなく、家族だけは嫁の
実家に預かってもらって、一人アパートで生活をして
いました。

 

何度も携帯が止まり、職場の上司や同僚に馬鹿にされていました。

 

スーツをクリーニングに出す余裕がなく、後ろ指を刺されながら
オフィスを歩いていました。

 

革靴に穴が開いているのに気が付いた時は、自分のことながら
本当に驚きました。

 

当然、まさか自分の人生がこんな風になるなんて思いもしませんでした。

 

手を伸ばせば伸ばすほど離れていく未来に、僕の気持ちはめちゃくちゃ
になっていました。

 

どうすればいいのか落ち着いて考えることができなくなっていたのです。

 

家族を豊かにしようと思えば思うほど、お金を手に入れようと思えば
思うほど、まるで自分のことをあざ笑うかのように去っていくのです。

 

弱かった僕は、お酒に逃げるのでした。

 

朝起きると、雨戸を締め切って部屋を真っ暗にするのです。

 

その部屋で、業務用のカップ麺をすすりながら安い酒をあおるように
飲んでいました。

 

気が付くと、いつもブラックアウト(失神)していました。

 

そして昼過ぎに起き、またブラックアウトするまで飲むのです。

 

失いかけて気付いたこと

皮肉にも、僕はお金を失いかけて、お金の大切さを知りました。

 

完全歩合のセールスで、もっともっとと思いながら手に入れた
100万弱の給料は、何に使ったかほとんど覚えていません。

 

それなのに、お金が底を尽きて、どうしようもなくて日雇いバイトを
して買ったカップ麺の味は、いまだに覚えているのです。

 

皮肉にも、僕は家族を失いかけて家族の大切さを知り
ました。

 

今でこそ、家族と当たり前のように生活をしている僕ですが、
一緒に住めなかったあの2年間があるのとないのでは、日々の
輝きはまったく違うものになっています。

 

可愛い娘や、お世話になった嫁や、生まれたばかりの息子と
時間を共有できることは、僕にとっては人生を幸せにする要素の
大きなウェイトを占めています。

 

 

失ったら戻ってこない

幸せになろうとしているということは、心や体が幸せじゃない
というメッセージを発しているということになります。

 

もし、幸せを自覚しているのであれば、幸せになりたいなんて
思わないはずですからね。

 

それでも人間は、ついこのような思考に陥りがちです。

 

 

あいつさえいなければ。

 

あと一万円があれば。

 

どうしてこんなにうまくいかないんだ。

 

どうしていつも自分だけが。

 

 

まさに過去の自分です。

 

そう思ったところで事実は変わらないはずなのに、ついそう思ってしまう。

 

ただ、今の自分はまったく違う思考をしているのです。

 

それは、色々な物を失いかけて、少しは成長したからなのかもしれません。

 

今では、過去に自分に起きた出来事に、少しずつ感謝すらできる
ようになってきました。

 

もしかしたら、僕があれほどとらわれていた幸せや不幸という言葉は、
ただの幻想なのかもしれません。

 

自分が好きな野球チームが負けて、期限を悪くしている人がいる
裏側では、自分が好きなチームが勝って、上機嫌な人が必ず
いる訳ですからね。

 

果てしない幸せについて考えるより、絶望的な不幸感に浸るより、
もしかしたら、もっともっと近い所に小さな感謝があるかもしれません。

 

 

あいつがいたおかげで。

 

まだ一万円もある。

 

どうしたらもっとうまくいくんだ。

 

もしかしたら自分だけじゃないかもしれない。

 

 

それは、例えばこんな風に自分の言葉を変えるだけで、
意外にあっさり気付けることなのかもしれません。

 

 

 

PS、、、

 

 

 

野球チームも、高級な車も、高価な洋服も、美食も、美酒も、
誰かに作られた価値です。

 

僕たちは、もしかしたら、そういったあらかじめ用意された物事に
一喜一憂することに必死で、もっと近くにある大切な物を見落とし
ているのかもしれません。

 

自分にとって本当は何が大切で、何を失ってはいけないかを
明確にしておけば、僕は当時、あれほど苦しまなかったかもしれないと
今となっては思います。

 

本当に大切な物ほど、失ったら戻ってこない場合がほとんどです。

 

逆に、誰かに作られた価値の上に存在している物は、一度失っても、
何度でも取り返せるものがほとんどだったりします。

 

 

 

 

 

プロフィール

 

名前:ちむくん(イラスト右の男です。イラストは奥さんに書いてもらいました)

 

アパレルの専門学校を卒業後、就職。

 

引っ越し業業者や完全歩合の営業など、

様々な職種を経験する。

 

とある理由から、アル中状態や引きこもり、

うつ状態などを経験し、耐えきれなくなり、

パソコンが大の苦手にも関わらず、

ネットビジネスに挑戦。

 

もちろん、学歴もコネもお金もありません。

 

ちなみに上のプロフィール画像を貼りつける

のに8時間かかり、イライラしているところに

ちょっかいを出してきた3歳の娘とケンカを

するくらいパソコンが苦手。

 

お問い合わせ

 

↑ポストをクリック↑ なんでもお気軽にお問い合わせください

初心者はまずはこちらから

 

↑希望の光をクリック↑

初心者コンテンツを読んで、希望を感じてください

 

 

↑羽ばたく鳥をクリック↑

自由への正しい道のりをご確認ください

不自由に挑む無料メルマガ

10日間で自分で稼ぐ能力が身に付くメールセミナーを受講できます。

 

有料級のメールセミナーが

今だけ無料

 

期間限定メルマガ登録者様に電子書籍プレゼント!!

 

あなたは商品を本当に買っていますか?

 

実は、売る側の都合の良いように買わされていませんか?

 

もし、自分に都合の良いように売る力をあなたも身に付けたのなら…、

 

現役トップセールスの頭の中を書籍にて公開中!!

 

 

上の画像をクリックするか、下記によく使うメールアドレスをご入力ください。

 

※どちらから登録していただいても、特典はきちんと受け取れますのでご安心ください。

 

 

不自由に挑む無料メールセミナー

 

 

 

 

 

 

↓↓不自由に挑む会へのアンケートの参加はこちら↓↓

関連ページ

マインドコントロールは解けるのか
他人の価値観で生きてはいけない
一日対四十年
大多数の普通の人生
投資がくれたもの
欲求を満たす方法
頑張った先に見える世界
ノウハウコレクターを脱出する方法
新興宗教常識
僕が秒速で5000円稼いだ秘訣。
コンフォートゾーンの外側を見て思ったこと
人生の目標は、絶対に就職だけしゃない
殺人的な労働環境に疲れた人が読むページ
人生最後の日にしたいこと
動かす方と動かされる方
誰かに作られた自分の頭の中
仕事をやめたいと思ってしまった方へ
普通の人生を送る人
家族と過ごす特別な日々
人の気持ちがわかる人は、短期的に見ると損します
あなを苦しめる原因は○○のせい
つい悩んでしまう自分が嫌になりそうだったら読んでください
人工知能に奪われない仕事
30代サラリーマンの悩み
同僚の転勤が決まって思うこと
人生はすでに決まっている
自由を目指す僕は社会不適合者なのか!?
人生に目標を定めていますか?
どこにも居場所がないと悩むあなたへ
あなたの当たり前は、誰かの宝物です
自分の家族が人質にされていると思ってしまった方へ
もう頑張れないと思ってしまったあなたへ
人から攻撃される理由がわかれば、気持ちが楽になる
会社に人生を捧げるということ
あなたにアンチが出てきた時の考え方
あいつさえいなければという心理が、不幸を招くたった一つの理由
あなた自身の心の声に従おう
引き寄せの法則で願いは叶うのか…。
会社は社員を守りません。

TOP プロフィール 問い合わせ おすすめ教材(初心者用) 不自由に挑む無料メルマガ